HOME>アーカイブ>ココがポイント、押さえておきたい基礎知識

このサービスの説明と魅力

男性

カタログギフトは贈る側が予算に合ったカタログギフトを選択して、その中から欲しい商品を選ぶサービスです。この方法なら相手の好みを知らなくても失敗することはありませんし、何を贈ったらいいのかという悩みから解放されます。このサービスは1980年代後半くらいから広まり、一般的に利用されるようになりました。結婚式の引き出物、内祝いに利用されるモノという印象が強いと言えますが、それ以外にも香典返し、贈答品、誕生日祝いと幅広い用途で使うことが出来ます。そんなカタログギフトの魅力は選ぶ楽しみです。あと不要なモノや既に所有している物、使わない物が贈られるといった事もないのもメリットです。さらに近年はギフトの種類が増えて、モノだけではなく旅行や食事、サロン体験を選ぶことも可能です。あと結婚式場で配られて荷物になることもありません。

知っておきたいマナー

カタログ

カタログギフトは手渡しする際、郵送で送る時でも最低限守らなくてはいけないマナーが存在します。それは仲間内のプレゼントとは違い、のしを付けるのが基本と言えます。勿論贈る相手が親しい相手でもマナーは守るようにして下さい。引き出物などのおめでたい時のギフトには水引は紅白の蝶結びのモノを選びます。手渡しなら外のしでも問題ありませんが、郵送ならのしが破れない様に内のしが最善です。あとカタログギフトのみ送る人も少なくないのですが、郵送だとそっけない印象を与えてしまいます。だから一言手紙で感謝の言葉を伝えるのがポイントです。手書きがベストですが、数が多い場合は印刷したモノでも問題ありません。

アドバイスと気になる相場

カタログ

まず引き出物は結婚式場で直接渡す持ち込みと自宅に送る宅配とがあります。宅配は荷物にならないから遠方の親戚、その後に二次会を予定しているなら大きなメリットと言えるでしょう。ただ配送料がかかる場合もあるので、送料無料のサービスがある通販会社を選ぶとお得です。あとカタログギフトの相場は同僚や友達の場合は1人当たり4,000円から6,000円程、親族や上司なら相場は1人当たり6,000円から8,000円となります。金額があまり低いモノは失礼ですし、逆に高いと気を使わせるので相場の範囲内にするのがマナーです。

広告募集中